健康寿命を永くしながら介護を予防、
在宅介護にも対応できる住宅設計をご提案

外出や日常の活動量が減ることは、心身機能の低下を招き、要介護の原因になります。
まず、在宅介護の負担を減らすために本人が自分で出来ることを増やし、
介護の負担を減らせる住まいづくりがポイントです。
サニタリー、寝室、玄関での身支度を中心に、
本人が行いやすく、介助もしやすい住宅設計を行います。

このような効果が期待できます

  • 家で生活することが適度な運動となって、リハビリに繋がった
  • 自助具により生活改善がなされた
  • 入浴以外ほとんど介護の手を借りずに生活できるようになった

世界基準の殺菌技術で、空気感染のリスクを極限まで抑えます。 空気感染対策システム[エアロシールド]の導入

私たちが普段吸っている空気には、非常に多くの菌・ウイルスが存在しています。
空気感染対策システムの導入によって、目に見えない空気感染のリスクを確実に抑えることができます。

  • あらゆる菌種・
    ウイルスに有効

    「エアロシールド」は高い殺菌効果を持つ「UV-C」ランプを使用しており、「あらゆる菌種・ウイルスに有効」「耐性菌をつくらない」「常温で殺菌」など、紫外線殺菌の優れた特性を持ちます。

  • 人がいる空間でも
    安全に空気殺菌

    特殊なルーバー(仕切り板)構造による紫外線の水平照射を実現しており、天井付近に紫外線の殺菌ゾーンを形成します。人が生活する空間に影響を及ぼすことなく24時間安全に使用できます。

  • 高い殺菌効果

    第三者研究機関の実証試験により、「実空間における浮遊菌減少が89.6%」と高い殺菌効果が認められています。この試験は実際に人が生活する広さの空間で行なわれており、実用性も証明されています。

  • 優れた
    ランニングコスト

    24時間連続使用した場合でも、約半年に一度のランプ交換を除いて日常の保守点検などは不要です。さらに電気代も24時間で7.1円と、ランニングコストの低さも特長です(UKP09:23円/kWで換算)。

  • 独自のサービス

    室内の空気中の浮遊菌数を検査(有償)し、その結果から、施設の状況に適した空気感染対策のご提案をさせて頂きます。一定の基準をクリアーすれば「空気環境測定実施証明書」を発行できます。

  • 設置のしやすさと
    安全管理

    電源コンセントがあれば、簡単に設置することができます。また、安全管理の一環として、設置後やランプ交換時に紫外線測定を実施いたします。

介護を支える優しい設計が、全シリーズに標準採用 高齢者施設向けユニットバス[アクアハート]

  • 人間工学に基づいた設計

    デジタルヒューマンを用いた動作検証

  • 安心して入浴ができる

    入りやすく、気持ちがゆったりする介護施設向けユニットバス

  • 介助がしやすい

    介護・高齢者施設の介護者の負担を軽減する備品との適合性

  • 負担を軽減できる

    入浴動作をとりやすいスペースと各部寸法

  • 上質を感じる空間

    居心地の良い壁パネルデザイン

ラインナップ

  • a-Uシリーズ

    個浴から介護浴槽まで重度化に対応。充実したプランで幅広いニーズにお応えします。

  • FNシリーズ

    シャワー浴室に。フラットな一体型床パンユニットで、車いすでも広く使えます。

  • Fシリーズ

    特別浴室などに。仰臥位入浴、座位入浴タイプの大型介護浴槽に対応できます。

  • Jシリーズ

    人本来の自然な動きを妨げず、生活リハビリにつながる自立支援型のユニットバスです。

  • ミニシリーズ

    トイレ・洗面・シャワーをワンルームに。車いすでもラクに使えます。

快適な暮らしをサポートするコンシェルジュ

タブレットを用いて介護予防体操・血圧測定・服薬時間など
予め設定された日課をお知らせ、規則正しく健康的な生活リズムをサポートします。
コンシェルジュにpepperを採用することで、日常会話も楽しめます。
また、離れて暮らすご家族とも顔を見ながら話すことも可能です。